Google アナリティクス /レポート Core Reporting API

developers.google.com

CentOS7: /var/run

kometchtech.blog.fc2.com

systemd のせい。
/etc/tmpfiles.d/ 以下に confファイルを書かないとならない。(内容は極シンプル)

ブクマ::本物のプログラマは~

The Real Programmer Stories

html::script::integrity


postd.cc

これにより、スクリプトファイルが持つべきコンテンツに対してハッシュを与えることができます。

CodeIgniter:クエリビルダクラス::クエリのグルーピング / 複雑な条件指定に役立つメソッド

クエリビルダクラス — CodeIgniter 3.2.0-dev ドキュメント

クエリのグルーピング
クエリのグルーピングでは、 WHERE 句を括弧で囲むことでグループを作ることができます。 これにより複雑な WHERE 句のクエリを作ることが可能です。例:

$this->db->select('*')->from('my_table')
        ->group_start()
                ->where('a', 'a')
                ->or_group_start()
                        ->where('b', 'b')
                        ->where('c', 'c')
                ->group_end()
        ->group_end()
        ->where('d', 'd')
->get();

// 次のようになります:
// SELECT * FROM (`my_table`) WHERE ( `a` = 'a' OR ( `b` = 'b' AND `c` = 'c' ) ) AND `d` = 'd'

注釈
groups は対称であることが求められます。
group_start() が group_end() と合致していることを確認してください。

$this->db->group_start()
#WHERE 句に括弧開きを追加することで
#新しいグループを作ります。
$this->db->or_group_start()
#WHERE 句に括弧開きを追加することで新しいグループを作り、
#‘OR’ を先頭に置きます。
$this->db->not_group_start()
# WHERE 句に括弧開きを追加することで新しいグループを作り、 
#‘NOT’ を先頭に置きます。
$this->db->or_not_group_start()
#WHERE 句に括弧開きを追加することで新しいグループを作り、 
#‘OR NOT’ を先頭に置きます。
$this->db->group_end()
WHERE 句に括弧閉じを追加することで現在のグループを閉じます。

mod_status

2.7 サーバステータスの監視機能



項目名


意味


備考


Srv (Child Server number - generation)


通信プロセス(スレッド)の番号 - 再起動した回数


(注1) (注2)


PID (OS process ID)


通信プロセスのプロセスID


(注3)


Acc (Number of accesses this connection / this child / this slot)


Number of accesses this connection


同一コネクション内でのアクセス数


(注1)


this child


通信プロセス(スレッド)あたりの総アクセス数


this slot


通信プロセス(スレッド)あたりの総アクセス数


M (Mode of operation)


通信プロセス(スレッド)の状態 (“通信プロセス(スレッド)の状態”を参照)


 




CPU (CPU usage, number of seconds)


CPU消費時間(秒)


(注1)


SS (Seconds since beginning of most recent request)


最新リクエストからの経過時間(秒)


(注1)


Req (Milliseconds required to process most recent request)


最新リクエストの処理時間(ミリ秒)


(注1) (注3)


Conn (Kilobytes transferred this connection)


同一コネクション内での転送量(Kバイト)


(注1)


Child (Megabytes transferred this child)


通信プロセス(スレッド)あたりの総転送量(Mバイト)


(注1)


Slot (Total megabytes transferred this slot)


通信プロセス(スレッド)あたりの総転送量(Mバイト)


(注1)


Host


クライアントまたはプロキシサーバなどのIPアドレス


(注1)


VHost


最新リクエストを受け付けたInterstage HTTP Serverのホスト名


(注1) (注4)


Request


最新リクエストの内容


(注1)