読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sshでのポートフォワード/トンネリング

(あとで書くよ)

$ ssh -N -f -L 5870:localhost:25 externalUser@ExternalHost.jp &

#現在接続しているホストをトンネルの入り口とする。またそのポートを5870とする。
#ホスト:ExternalHost.jpをトンネルの出口とする。トンネルを通ったデータは同ホスト上のポート:25へ出力される。
#

あー、オプションの意味をド忘れです。

-N
 シェルコマンドを実行しないモード。
 主にポートフォワードを行う場合に使用する。

-f
 sshログイン後に、バックグラウンドに移動。

-L
 ローカルマシンの指定ポートを、リモートホストの指定ポートへ転送(フォワード)する。
 書式:ListenPort:localhost:ForwardTargetPort

-R
 リモートマシンの指定ポートを、ローカルホストの指定ポートへ転送(フォワード)する。
 書式:()